« SF-850PB | トップページ | 2016師走のウィークデー »

2016年12月 4日 (日)

フルマラソン初参戦@第11回湘南国際マラソン

ウォーキングから始めて約10年、時間短縮のためにジョグに変えて、フルではない大会に数回出ていたくらいの週末のみランナーですが、このたびついにフルマラソン大会の参加に申し込むことができたので(これまでアクセス集中や抽選もれで出走に至らなかった)、42.195kmを走りました(かなりの距離を歩きましたが)。

初フルマラソンとして参戦したのは、第11回湘南国際マラソン。大磯ロングビーチをスタート・ゴールとして、西湘バイパスを含むR134を江ノ島まで行って戻ってくる、そんなコースです。海沿いだからほぼ平坦、と思っていましたが、それなりにアップダウン、緩やかにダラダラと長いのがあります。特に後半は僅かな傾斜も気になりました。

このフルマラソンに向けて、週末ジョグの距離も20kmくらいに伸ばしていたのですが、数週間前の社員旅行時の体育館レクで大腿の裏側を肉離れ的に痛めてしまい、それ以降痛くて走れず、本番前日になってようやく30分ほどスローラン、走り出せることを確認し当日を迎えました。念のために大腿に(機能性タイツの上からさらに)サポーターをしました。

当日、朝4時過ぎに起床し、シャワーを浴びて(ヒゲも剃って)、朝5時過ぎに出発。コンビニでおにぎりを3個買って、山手線で渋谷駅で降りてセルリアン東急ホテル前へ。そこから事前予約しておいた会場直行バスに乗り込み90分ほどで会場入り。道中、おにぎりを完食し、仮眠。大磯に到着した頃には日も昇り、海面を照らす美しい景色がバスの車窓から飛び込んできました。

IMG_5565 IMG_5566 IMG_5567

IMG_5568 IMG_5570

早めの到着だったので、まだ大混雑までとはいかず、荷物預かりゾーンの一番奥にある更衣テントで(でも満員だったが)着替えを済ませ、荷物預かり用袋に荷物をすべて納め、預ける。その後、2回ほどトイレの列に並び。

IMG_5571 IMG_5572 IMG_5573

IMG_5574 IMG_5575

IMG_5576

9時にフルマラソンスタートも、小職は初マラソンで予定タイムは遅めで登録したので、最後方ブロックからのスタート。9時のスタートから約30分遅れてのスタートライン通過。

大磯ロングビーチから西湘バイパスに下って、スタートラインを目指すのですが(まだスタートしていない)、その時に以前NHKのランスマによく出演していた中村優さんを発見。テレビで見るより細い(女優だからなぁ)、あと背が高い、そしてさすがランニングフォームが美しく無駄がない。ペース遅めで楽しんでおられるようでした。気づいている人も少なかったかも。

さて、新しく購入してまだ使いこなしてないSF-850Pを時々見つつ(スタート時、誤操作してしまい、スタートラインをしばらく通り越してから、スタートボタンを改めて押せた・・・)走り始めるも、突っ込みすぎ。もっとペースを落として前半は走るべきだ、とか思いながらも、制限時間6時間半ながらもスタートで30分ロスしていると思うと、適切なペースを組めず、7分/kmで押して行ってしまうことに。

トイレはスタートすぐのところは早くも行列、小生が行ったのは13kmくらいだったか、さすがにスムーズに入れた。ここでストレッチ&一息をつけばよかったが、すぐに走り出してしまう。長いフルマラソンの距離、早く終わらせたい気持ち、本調子ではない大腿、そんな感じで江ノ島を目指します。

江ノ島で折り返し、復路へ。30kmの壁とかってよく聞いていたし、小生自身もこれまでの最長距離が東京30kだったなー、とか考えていたら、30kmよりかなり手前で大ブレーキ、ついに歩いてしまいました。両足のふくらはぎや脛の筋肉が小さく痙攣し始め走れなくなってしまい。残り距離を全部歩くと思うと、道程にいくつも設置されている時間制限の関門に引っかかってしまい、途中でリタイアしてしまうことが明白。リタイア、途中棄権か・・・いろいろとアドバイスしてくれた方とか、応援してくれている方とか、家族とかに「残念ながらゴールできなかったよ~」と報告することになるのかな、とかいろんなことが頭の中をグルグルめぐる。

とはいえ、走れないので、とりあえず、しばらく歩いてみる。一歩でも数十センチメートルでもゴールに近づいているのは確かだし。で、しばらく歩いているとちょっと楽になってきたので、再び走りだし、また歩いたり。フルマラソンを何もなしに走ることはない、ということを思い出し、痛くない筋肉を中心にリズムを取ってみたり、右足重視で推進してみたり、もうだましだまし。結果的に(関門制限時間に対して)貯金となっていた時間を少しずつ食いつぶしつつも、すべての制限時間関門(最後はゴールまで残り3kmほどのところにある)をクリアし、最後なんて、歩いているだけ。西湘バイパスから大磯ロングビーチに入っていく坂道のつらいこと。でも、この大会のスタッフが海からの風に吹かれながらも持ち場でずっと立っていて、しかも歩いている私に声かけてくれて、嬉しいです。絶対にゴールまでたどり着かなくちゃと思います。ゴール前数十メートルはさすがに走りました、歩いているのと速度は同じくらいでしたが。スタート地点を通り過ぎてから5時間45分弱が経っていました。

IMG_5577

ゴールしたら、計測タグを外してもらったり、完走(かなり歩いたけど、記録上は完走)記念のメダルを首にかけてもらったりして、達成感というより、長い道をなんとか辿り着いた感の方が大きかったか。あとは、全行程遅くてもいいので走るつもりでしたが、調整不足もありかなり歩いてしまった未達感があります。

荷物を引き取って、更衣室(最後の方だったから空き始めていた)で着替えを済ませ、非常に空腹であることに気づき、大磯ロングビーチのプールサイドに出ていた飲食ゾーンでラーメンをいただきました。

IMG_5584 IMG_5585 IMG_5587

その後、スタッフの方から、大磯港行きのシャトルバスに乗って、大磯港から徒歩10分で大磯駅に向かうのが良いと誘導され、そのルートで帰宅の途に。大磯港から大磯駅の道は緩やかではあるが上り坂。マラソン後の脚には堪える。

大磯港から東海道線に乗り込む。座席は埋まっていて、ようやく戸塚で座れました。ありがたい。18時過ぎに帰着。

以上、47歳初マラソン、湘南国際マラソン参戦記でした。

« SF-850PB | トップページ | 2016師走のウィークデー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89444/64600004

この記事へのトラックバック一覧です: フルマラソン初参戦@第11回湘南国際マラソン:

« SF-850PB | トップページ | 2016師走のウィークデー »